お知らせと募集

福岡市博物館にて鴻臚館学習教材を展示

 教材開発センターでは、福岡市経済観光文化局文化財部や特定非営利活動法人福岡城市民の会の方々とともに、「福岡城・鴻臚館を活かした観光都市戦略事業」の一環で、鴻臚館の歴史を学習できるコンテンツを開発しています。
 この度、本プロジェクトを通して開発してきた平安時代の鴻臚館の様子をヴァーチャルリアリティで体感できる教材(VR教材)や、かつての鴻臚館の様子が描かれたイラストや鴻臚館の3Dモデルを閲覧しながら鴻臚館の内容を学習できる教材(ウェブ教材)が、福岡市博物館にて展示されます。ぜひコンテンツをご体験ください。

     発見 100年記念特別展
  よみがえれ!鴻臚館 ー行き交う人々と唐物ー

  期間:2017年9月7日(木)〜10月22日(日)
  場所:福岡市博物館
     福岡市早良区百道浜3丁目1-1

平成29年度前期授業の教材整備(授業録画)依頼受付

教材開発センターでは、平成29年度も引き続き授業の録画・公開を推進しております。授業の録画と公開を希望される先生は、最後に記載の連絡先までお知らせ願います。

授業の録画と公開は随時受け付けておりますが、3月31日(金)までにご連絡いただきますと、第一回目の授業から収録することができます。ただし、機材とスタッフの都合でご希望に添えない場合もありますので、ご了承願います。 また、授業以外にも、講演会、講習会、セミナー等も録画し公開できますので、合わせてご検討願います。こちらの場合も、撮影・公開の事前打ち合わせのため、撮影の1ヶ月前を目安にご依頼ください。

教材開発センター専任助教を公募しています

教材開発センターでは、専任助教を公募しています。


教材開発センターは、エデュケーショナルテクノロジー部門、コンテンツデザ イン部門、オープンエデュケーショナルリソース部門の3部門から構成されています。今回の募集では、コンテン ツデザイン部門の助教として、次に示す業務および関連する研究を、広い教育的配慮のもとに、遂行してもらいます。

Attack the Fukuoka Castle

"Attack the Fukuoka Castle" will be held at the remains of Fukuoka Castle on March 5th, 2017.

"Attack the Fukuoka Castle" is a real experienced game event which participants must reach the finish line at the castle keep within time limit. You will learn and solve mysteries about the history of Fukuoka Castle and Kuroda Kanbei. Each team will have a tablet to use the game application developed by ICER. Please join and have fun together.

Attack the Fukuoka Castle のご案内

2017年3月5日(土)に福岡城跡地にて開催されるイベントのご案内です。

「Attack the Fukuoka Castle」は、福岡城の歴史や黒田官兵衛についての謎を解き明かしながら、制限時間内に最終地点である天守閣を攻めるというリアル体験型イベントです。各チームにタブレットを配布し、教材開発センターで開発したゲームアプリを使用します。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

教材開発センター専任助教を公募しています

教材開発センターでは、専任助教を公募しています。


教材開発センターは、エデュケーショナルテクノロジー部門、コンテンツデザ イン部門、オープンエデュケーショナルリソース部門の3部門から構成されています。今回の募集では、コンテン ツデザイン部門の助教として、次に示す業務および関連する研究を、広い教育的配慮のもとに、遂行してもらいます。

定年退職教員の最終講義の撮影と公開依頼

教材開発センターでは、毎年、定年退職を迎える先生の最終講義を撮影しYouTube等で配信しています。撮影と公開をお認めいただく場合は、「撮影・公開依頼書」にご記入のうえ、最終講義の1ヶ月前を目安に、下記問合せ先宛てにご提出ください。撮影のご希望が重なり対応できないことがあること、並びに撮影後の編集等により公開・配信の時期が遅れる場合があることを予めご了承ください。


「撮影・公開依頼書」をダウンロード(Word 19.11KB)


● 以下の九州大学動画共有ウェブサイトで公開します。
 ・教材開発センターのWebページ
 ・九州大学 OCW(オープンコースウェア)

平成28年度後期授業の教材整備(授業録画)依頼受付

教材開発センターでは、今年度も引き続き授業の録画・公開を推進しております。授業の録画と公開を希望される先生は、最後に記載の連絡先までお知らせ願います。

授業の録画と公開は随時受け付けておりますが、9月16日(金)までにご連絡いただきますと、第一回目の授業から収録することができます。ただし、機材とスタッフの都合でご希望に添えない場合もありますので、ご了承願います。また、授業以外にも、講演会、講習会、セミナー等も録画し公開できますので、合わせてご検討願います。こちらの場合も、撮影・公開の事前打ち合わせのため、撮影の1ヶ月前を目安にご依頼ください。

MOOC「Science and Technology of Taste and Odor」

The registration now open to take MOOC "Science and Technology of Taste and Odor". In this lecture, you will learn "what is taste and odor in gustatory and olfactory senses, respectively" as well as cutting-edge science and technology to quantify these senses.

 Professor:Kiyoshi Toko
   Graduate School of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University
    Research and Development Center for Taste and Odor Sensing, Kyushu University

 Date:Sep.23, 2016〜
 Fee:Free
 Language:Japanese and English

MOOC「味と匂いの科学技術」受講募集開始

教材開発センターにて制作のJMOOC「味と匂いの科学技術」の募集を開始しました。本講座では、味覚と嗅覚で感じる味と匂いとは何か、また、これらを定量化する科学技術といった専門的な内容をわかりやすく学習できます。皆様のご受講をお待ちしています。

 講師:都甲 潔 教授(九州大学 システム情報科学研究院、味覚・嗅覚センサ研究開発センター)
 開講:2016年9月23日
 受講:無料
 字幕:日本語・英語

詳細と受講登録はこちらから

ページ

Subscribe to RSS - お知らせと募集