お知らせと募集

大学ICT推進協議会2013年度年次大会へ出展

教材開発センターは、2013年12月18日から20日に幕張メッセ国際会議場で開催される大学ICT推進協議会2013年度年次大会に出展いたします。

 日時:2013年12月18日(水)〜20日(金)
 会場:幕張メッセ国際会議場
 主催:大学ICT推進協議会
 後援:文部科学省

<開催主旨>

大学ICT推進協議会の目的である我が国の高等教育機関及び学術研究機関における情報通信技術を利用した教育、研究、経営等の高度化を図り、もって我が国の教育、学術研究、文化及び産業の発展に寄与するために、会員ならびに国内の高等教育・学術研究機関間で、各種専門的情報の提供ならびに交換を行います。

-大学ICT推進協議会ウェブサイト-

 詳細はこちら ※大学推進協議会のウェブサイトに移動します

【締め切りました】テクニカルスタッフの公募について

九州大学附属図書館付設教材開発センターでは、テクニカルスタッフを募集しています。

公募人員:2名

配置部署:九州大学附属図書館付設教材開発センター(伊都キャンパス内:福岡市西区元岡)

業務内容:

  1. 授業・講演会等の撮影および編集並びに著作権処理に関する業務
  2. 各種電子教材制作・開発支援

必要な技術・経験等:

【終了しました】P&P3D医学教材開発のための学生アルバイト募集

 教材開発センターでは、昨年度に続いて医学部医学科・生命科学科の解剖学、組織学の授業を対象とする、2D&3Dの教材開発に協力いただける学生を募集します。今年度は、シリアスゲーム(ゲーム性のある教材)の技術を活用し、学習効果の高い教材の開発を目指します。教材開発センターの教員とシステム情報科学府の学生による技術的な支援のもとに、医学科・生命科学科の学生が、ユーザーとして企画や評価に参加します。
 興味のある方はふるってお申込みください。


 対  象: 本学の医学部医学科・生命科学科の学生
 募集人数: 5〜6人
 勤務場所: 病院地区 医療系統合教育研究センター 研究開発室
 勤務期間: 2013年6月〜7月、10月〜11月の4ヶ月間
 勤務時間: 平日17:00−19:00で月10時間程度
      (詳細は、日程調整して決定します)
 時  給: 981円(交通費を含む)


申込方法:申込書に必要事項を入力の上、以下の宛先までメールでお送りください。
     件名は「P&P学生アルバイト申込み」としてください。

【終了しました】Web書籍ガイド作成希望者募集(病院地区)

教材開発センターと医療系統合教育研究センターとのコラボレーションにより、病院地区の教職員・学生を対象に、附属図書館が提供するサービスCute.Guides(キュウトガイド)を使って、Web書籍ガイドの作成を希望する方(部署)を募集します。

教材開発センターのテクニカルスタッフが、申込み内容をもとに、Web書籍ガイドのひな形を作成し、IDとパスワードを発行します。その後は、ひな形を自由に編集できます。作成された書籍ガイドは、Webで一般公開されますので、閲覧対象者は学生、大学院生だけでなく、大学病院の患者さんやご家族向けにWeb書籍ガイドを作成することも可能です。ふるってご応募ください。申込み多数の場合は、当面の間、お待ちいただくことがありますのでご了承ください。


●第1回募集期間
 平成25年5月21日(火)まで

●対象
 本学 病院地区の教職員

【終了しました】P&P 3D医学教材開発および活用に関する説明会&意見交換会のご案内

 全学の教材開発センターでは、医学教育学講座と連携し、教員と学生の協働による3D医学教材開発の支援に取り組むP&Pに採択されました。この電子教材は、仮想現実感技術(Virtual Realty)、複合現実感技術(Mixed Reality)、拡張現実感技術(Augmented Reality)を活用し、また、タブレット端末等を用いて、場所や時間に制限されることなく閲覧および操作が可能なものを目指しています。
 今回は、昨年6/25、7/18に開催した「P&P 3D医学教材開発および活用に関する説明会&意見交換会」でいただいたご意見を元に作成しました骨学3D教材、現在開発中のプレパラート標本のバーチャルスライドについて報告いたします。また、今後の3D医学教材の開発と提供についてご意見・ご提案いただきいたいと思います。iPadあるいはMacBookをお持ちの方は、その場で一部を体験できる予定です。ご興味のある方はぜひご参加ください。

日時: 平成25年 4月4日(木)17:30~19:00

場所: 九州大学 病院キャンパス 総合研究棟 1階 104号室

【終了しました】P&P 骨学3D教材の学生モニター募集のお知らせ

医学部医学科・生命科学科の「人体構造概論」の骨学3D教材を試作しましたので、春休みの間に教材を評価していただけるモニターを募集します。手順は簡単でお時間もかかりませんので、お気軽にふるってご応募ください。

  期間:平成25年2月15日〜3月31日

  対象:九州大学医学部医学科・生命科学科学生 全学年

  手順:(1) 応募申込み
      ▶ 申込みフォームはこちら
       ↓
     (2) 教材開発センターより案内メール
       ↓
     (3) Web学習システムよりログインして教材を使ってみる
       ↓
     (4) Web学習システムよりログインしてアンケートに回答
      ※アンケート回答期日は3月31日です。
    
主催: 附属図書館付設教材開発センター
協力: 医学研究院基礎医学部門形態機能形成学

【終了しました】P&P 骨学3D教材の学生モニター説明会のご案内

 教材開発センターでは、学部教育と連携して3D教材開発に取り組んでいます。今回、医学部医学科・生命科学科の「人体構造概論」の骨学3D教材を試作しましたので、春休みの間に教材を評価していただけるモニターを募集します。
 以下の通り説明会を開催しますので、説明会への参加希望者は、下記参加申込みフォームよりお申し込みください。

対象: 九州大学医学部医学科・生命科学科学生

説明会:平成25年2月19日(火) 15:00〜16:00
    総合研究棟1F 101号室

主催: 附属図書館付設教材開発センター
協力: 医学研究院基礎医学部門形態機能形成学

▶ 参加申込みフォームはこちら

※ モニター希望者で、都合により説明会に参加できない方は、備考に「説明会には参加できません」と記入の上、送信ください。

【終了しました】P&P【募集】3D医学教材開発のための学生アルバイト

医学教育の質および教育効果の向上のため、教員と学生との連携により医学教育分野における3DCG(3次元コンピュータグラフィックス)を活用した電子教材の開発に取り組んでいます。
本プロジェクトにおいて開発に協力頂ける学生を募集します。

業務内容:3D医学教材の作成

対象者:本学の病院地区に在籍する大学院生および学部学生

条件と人数: 3DCGを使った医学教材開発に興味のある人 3名
       JavaScript、HTMLを書ける人 1〜2名

勤務場所:病院地区 研究室内

勤務時間:平日9:00−17:00で月20時間程度
     詳細は、授業時間などを考慮の上、日程調整して決定します。

雇用期間:2012年12月末まで(3〜4ヶ月)

時給:981円〜(交通費を含む)

応募方法:「応募申請書」に必要事項を入力の上、以下の宛先までメールでお送りください。
      件名は「3D医学教材開発 学生アルバイト応募」としてください。
      >>応募申請書のダウンロード(Wordファイル 41KB)

応募締切:平成24年8月28日(火)

【終了しました】P&P 3D医学教材開発および活用に関する説明会&意見交換会

 全学の教材開発センターでは、医学教育学講座と連携し、教員と学生の協働による3D医学教材開発の支援に取り組むP&Pに採択されました。この電子教材は、仮想現実感技術(Virtual Realty)、複合現実感技術(Mixed Reality)、拡張現実感技術(Augmented Reality)を活用し、また、タブレット端末等を用いて、場所や時間に制限されることなく閲覧および操作が可能なものを目指しています。
 今回は、3D医学教材の開発と提供に関する説明会と学生・院生および教員による意見交換会を開催します。また、iPadあるいはMacBookをお持ちの方は、その場で一部を体験できる予定です。ご興味のある方はぜひご参加ください。

【日時】
平成24年 6月25日(月) 17:30~19:00
平成24年 7月18日(水) 17:30~19:00

【場所】
九州大学 病院地区 ウエストウィング 2F「臨床小講堂1」
(後半は同建物3F「スキルトレーニングセンター」に移動します)

【講師】
吉田 素文 医学研究院 教授
岡田 義広 システム情報科学研究院 准教授
井上 仁  情報基盤研究開発センター 准教授

教材開発センターの専任教授公募について

九州大学附属図書館付設教材開発センターでは、専任教授を募集しています。

教材開発センターは教材の作成支援や自ら先進的な教材を作成することで、大学全体の教育の質を向上することを目的に設置されたセンターで、次の3部門から構成されています。

(1)エデュケショーナルテクノロジー部門
  自律的な学習能力および実践力を育成する教育技術の開発
(2)コンテンツデザイン部門
  魅力あるコンテンツの作成技法や作成効率を高める作成ツールの開発
(3)オープンエデュケーショナルリソース部門
  知の公共化と学びの共同体の醸成

今回の募集では、(2)コンテンツデザイン部門の教授として、次に示すような教材開発や教育技術に関する研究・開発を行い、深い教育的配慮のもとにセンター業務を遂行してもらいます。

・双方向型3次元マルチメディアや競争原理(ゲーム性)の活用
・携帯端末やデジタル放送等の新技術に対応する教材コンテンツの開発
・コンテンツの再利用性を高め、再編集を可能とする基盤技術の開発

ページ

Subscribe to RSS - お知らせと募集