topics

「大学学習資源における著作物の活用と著作権」作成

吉田素文教授(現・国際医療福祉大学、平成27年度まで本センター協力教員)が運営委員ならびに活用ガイドラインWG主査を務める、九州大学加盟の大学学習資源コンソーシアム(Consortium for Learning Resources:CLR)において、このたびガイドライン「大学学習資源における著作物の活用と著作権」を作成しましたので、御報告いたします。

定年退職教員の最終講義の撮影と公開依頼

教材開発センターでは、毎年、定年退職を迎える先生の最終講義を撮影しYouTube等で配信しています。撮影と公開をお認めいただく場合は、「公開承諾書」にご記入のうえ、最終講義の1ヶ月前を目安に、下記問合せ先宛てにご提出ください。撮影のご希望が重なり対応できないことがあること、並びに撮影後の編集等により公開・配信の時期が遅れる場合があることを予めご了承ください。


公開承諾書をダウンロード(Word 19.11KB)


● 以下の九州大学動画共有ウェブサイトで公開します。
 ・教材開発センターのWebページ
 ・九州大学 OCW(オープンコースウェア)
 ・九州大学 YouTube

MOOC「Global Social Archaeology:expanded edition(グローバル社会考古学:増補版)」が開講します

教材開発センターが制作したMOOC「Global Social Archaeology:expanded edition(グローバル社会考古学:増補版)」がJMOOCより2016年1月に開講します。本講座では、新たにClaire Smith先生が「Engaged archaeology(現代社会に関与する考古学)」について、後半では溝口孝司先生が「The future of archaeology(考古学の未来)」について講義します。

 講師:溝口 孝司 教授(九州大学 比較社会文化研究院)
    Claire Smith 教授(九州大学 比較社会文化研究院/フリンダース大学)
 開講期間:2016年1月12日(火)~2月16日(火)

デジタル教科書の利活用についてのアンケートご協力のお願い

教員と学生に対してデジタル教科書に関する意識調査を実施しています。アンケートにご協力よろしくお願いいたします。

期 間:2015年12月21日(月)〜2016年1月22日(金)
対象者:九州大学 教員および学生
時 間:5分程度
    無記名回答としており、回答者が特定されることはありません。

  アンケート(教員用)
   教員の方は、こちらからご回答ください。

MOOC「個人と組織のための最先端サイバーセキュリティ入門」開講

教材開発センターが制作したMOOC「個人と組織のための最先端サイバーセキュリティ入門」がJMOOCより開講しました。本講座では、サイバー空間で安心に活動するための知識を学ぶことができます。

 講師:岡村耕二 教授(九州大学サイバーセキュリティーセンター センター長)
 開講期間:2015年11月10日~12月8日

受講登録はこちらから ※OpenLearning, Japanのウェブサイトに移動します

本講座では、反転授業を実施予定です。参加をご希望の方は、上記サイトより受講登録をいただき、OpenLearning, Japanのプラットフォームからお申し込みください。

【反転授業について】
※サイバーセキュリティについて参加者の日常に近い話題を取り上げ、講師と参加者で意見交換を行います。

Q-conference 2015 ポスターセッションに参加

Q-Links(九州地域大学教育改善FD/SDネットワーク)の年次大会 "Q-conference 2015" が、今年は福岡教育大学にて開催されます。教材開発センターは、ポスターセッションで、MOOCの制作と開講、ICT活用電子教材の開発等、教材開発センターの活動について紹介いたします。


日時:2015年12月5日(土) 11:00~18:00
会場:福岡教育大学 赤間キャンパス(福岡県宗像市赤間文教町1-1)

<プログラム>
11:00-12:00 ランチセッション*
12:30-12:45 オープニングセッション
13:00-15:45 ポスターセッション
(14:45-15:15 シエスタ)
16:00-17:30 企画セッション「大学間連携はFD・SDになにをもたらすのか」
17:30-18:00 クロージングセッション

大学ICT推進協議会2015年度年次大会へ出展

大学ICT推進協議会は、「高等教育・学術研究機関における情報通信技術を利用した教育・ 研究・経営の高度化を図り、我が国の教育・学術研究・文化ならびに産業に寄与する」ことを目的として設立され、会員ならびに国内の高等教育・学術研究機関間での情報交換の場として、年に一度、年次大会を開催しています。
教材開発センターは、今年もブース出展し、MOOCの制作と開講、ICT活用電子教材の開発等、教材開発センターの活動について紹介いたします。


 日時:2015年12月2日(水)〜4日(金)
 会場:愛知県産業労働センター・ウインクあいち
 主催:一般社団法人 大学ICT推進協議会
 後援:文部科学省(予定)
    公益財団法人 名古屋観光コンベンションビューロー

▶詳細はこちら ※大学ICT推進協議会のウェブサイトに移動します

「著作物等の利用円滑化のためのニーズ」を文化庁へ提出しました

平成27年7月7日~27日、文化庁のウェブサイトにて「著作物等の利用円滑化のためのニーズの募集」が実施され、九州大学附属図書館および教材開発センターからニーズを提出しました。

「著作物等の利用円滑化のためのニーズの募集」の結果について  ※文化庁のウェブサイトに移動します
   以下のページに記載されています。
  ・52ページ:29番 九州大学附属図書館、同附属図書館付設教材開発センター
  ・53ページ:30番 九州大学附属図書館

ページ

Subscribe to RSS - topics